2018年2月19日月曜日

キンラン (5) 飯沼慾斎『草木図説』,牧野富太郎校訂『増訂草木図説』参考歐州本草書・植物学書

日本最初のリンネ分類による日本の植物の図鑑として知られる★飯沼慾斎『草木図説』は草類1250種,木類600種の植物学的に正確な解説と写生図から成る.草部は1852年(嘉永5)ごろに成稿され,56年(安政3)から62年(文久2)にかけて出版された.
慾斎がこの書を著すに際しては,ドドネウス Rembert Dodoneus1517 -1585),ホッタイン Martin Houttuyn1720 - 1798),オスカンプ Dieterich Leonhard Oscamp (1756-1803),クニフォフ Johann Hieronymus Kniphoff1704 - 1763),ワインマン Johann Wilhelm Weinmann1683 - 1741)及びツンベルク Carl Peter Thunberg1743 - 1828)の六人の植物学者が著した書籍を参考にした事が知られ,これらの書籍から.相当すると考定した植物のラテン語名・和蘭語名を記載した.

慾斎が参考にした欧書の表紙
後年の★牧野富太郎校訂『増訂草木図説』(1907-22)成美堂 の牧野による「巻末ノ言」には,慾斎が『草木図説』中に参考にした歐州本草・植物学書の引用文献について,慾斎の苦労をしのびつつ,
「〇當時我邦ノ人能ク引用書ノ原書名ヲ著ハサズシテ唯其譯名ノミヲ掲ゲ叉林氏,春氏,等ト記シテ著者ハ全名ヲ舉ゲズ毎ニ後人ヲシテ其著者ノ名ト書名トヲ模索スルニ苦シマシム弊ト謂フベシ」といい,以下のようにその分献名を明らかにした.

番号は上図にしめした各書籍の表紙図の番号と一致.いずれも BHL より得られる.


引用文献
著者名
牧野富太郎校訂『増訂草木図説』の「巻末ノ言」 文献名及び発行年
鐸氏
ドドネウス(Rembertus Dodonoeus
Cruydt-boeck
1618
林氏
ホッツイン(F. Houttuyn
Linnaeus Natuurlyke Historie
1761-1781
阿須氏
オスカム(Dider. Leon. Oskamp
Afbeeldingen der Artseny-Gewassen
1796-1800
物印滿氏
ワインマン(Job. Guil. Weinmann
Phytanthoza Iconographica
1737-1745
印葉圖
キニホフ(Johann Hieronymus Kniphof)
Botanica Herbarium vivum etc.
1757-1764
春氏
ツンベルグ(Carl Peter Thunberg
Flora Japonica
1784
西勃氏
シーボルト(Philipp Franz von Siebold
不明
 

○書中又時々鐸氏ト云フ是レ「ドドネウス」氏(Rembertus Dodonoeus 即チ R. Dodoenus)ニシテソノ書ハ Cruydt-boeck ナリ西暦一千六百十八年(元和四年)和蘭国「ライデン」府ニ於テ出版セルモノナリ

○書中著者能ク林氏ト記セリ是レ和蘭國「ホッツイン」氏(F. Houttuyn)ノ著書ニシテ,固ヨリ林氏即チ「リンネ」氏(Karl von Linne' 即チ Carl. Linnaeus)自身の著書ニアラズ.唯「ホッツイン」氏ガ「リンネ」氏ノ學式に則テ以テ天物ヲ記述セルモノニシテ,題シテ Linnaeus Natuurlyke Historie ト云ヒ,全部三十四巻アリ.西暦一千七百六十一年(寶暦十一年)ヨリ同一千七百八十一年(天明元年)ニ亙リテ,同國「アムステルダム」府ニテ出版シタルモノナリ.而シテ書中又其第一種、第二種等ト云フハ,原書中其植物ヲ列記セル順次ノ號數ナリ・著者即チ飯沼慾齋翁ハ,主トシテ此書ヲ用ヰ以テ植物ノ洋名ヲ定メタリ.而シテ其之ヲ定メントスルヤ,其属(Genus)種(Species)ヲ捜索スルニ,其間實ニ多數ノ時間ヲ費セシコト,今ヨリ之ヲ想像スルニ餘リアリ.其僅ニ一行ニ記シ下シタル只一個ノ羅名(ラテン名)及ビ蘭名(オランダ名)ヲ抽出センガ爲メニハ,實ニ如何ニ長ク著者ヲ苦シメシカハ,此ノ如キ事業ニ經験アル人ノ直ニ首肯スル所ナリ.況ヤ當時ニ在テハ其参考ニ資スベキ圖書固ヨリ少ナク,今時ノ如ク幾多利便ノ典籍之無キヲヤ.今日ニ在テ翁ノ定メシ名稱ヲ閲スレバ,則チ其名ノ其實ニ副ハザルモノ甚ダ多シト雖ドモ,當時ニ在テハ何人ト雖ドモ葢シ之レ以上ニ出ヅルコト能ハザリシナルベク,頭脳非凡ニシテ精力絶倫ナル飯沼翁獨リ能ク之ヲ爲セシノミ.固ヨリ竟ニ本草式ヲ脱スルコト能ハザリシ.伊藤圭介氏等ノ企及シ能ハザリシコトハ,同氏等ノ著書并ニ言行ニ徴シテ,今ヨリ之ヲ追想スルニ難シカラズ.此ノ如キハ眞ニ睹易キ事歴ニシテ,印痕彰々敢テ春秋ノ筆ヲ俟タズシテ明カナリ.翁ノ齢既ニ知命ヲ過ギテ身老境ニ在リト雖ドモ,奮テ之ヲ遂グ.其氣力ノ旺盛ナル壮者ト雖ドモ,遠ク及バズ.世ノ此書ヲ繙ク者,翁ノ此勞ニ想到スルコト鮮ナシ.故ニ特ニ之ヲ記シテ翁ノ努力セル一斑ヲ示スコト此ノ如シ

○書中又、阿須氏ト云フ是レ「オスカム」氏(Dider. Leon. Oskamp)ニシテソノ書ハ Afbeeldingen der Artseny-Gewassen ト題シ四巻アリ卽チ西暦一千七百九十六年(寛政八年)ヨリ同一千八百年(寛政十二年)ノ間ニ於テ和蘭國「アムステルダム」府ニテ出版セラル藥用植物圖譜ナリ

○書中又、物印滿氏ト云フ是レ「ワインマン」氏(Job. Guil. Weinmann)ニシテ其書ハ Phytanthoza Iconographica ト云ヒ全部四巻ヨリ成リ西暦一千七百三十七年(元文二年)ヨリ同一千七百四十五年(延享二年)ノ間ニ獨逸國「ラゲンスブルヒ」府ニ於テ出版セル植物ノ彩色圖譜ナリ

○叉、印葉圖ト云フ是レ「キニホフ」氏(Johann Hieronymus Kniphof)ノ著 Botanica Herbarium vivum etc. ヲ指シタルモノニシテ西暦一千七百五十七年(寶暦七年)ヨリ同一千七百六十四年(明和元年)ノ間ニ於テ獨逸國「ハレ」府ニ於テ出版シタル書ナリ
○書中又、西勃氏ト云フコレ「シーボルト」氏(Philipp Franz von Siebold)ナリ而シテ飯沼翁ハ同氏ノ孰レノ書ヲ用ヰシヤ予ハ未ダ之ヲ知ルニ及バズ

○書中又、春氏ト云フ是レ「ツンベルグ」氏(Carl Peter Thunberg)ナリ其書ハ即チ同氏ノ著 Flora Japonica ニシテ西暦一千七百八十四年(天明四年)獨逸國「ライプチヒ」府に於テ出版セルモノナリ而シテ飯沼翁ハ果シテ親シク本書ヲ使用シテ細心考證セシヤ否ヤ予ハ頗ル之ヲ疑フ何トナレバ翁ノ書中通ジテ其本書ヲ使用セシ痕跡ヲ認ムルコト能ハザルと同時ニ若シ又親シク本書ヲ手ニシテ以テ彼我参照セシトセバ則チ必ズヤ幾多ノ點晴ヲ書中ニ見ザルベカラザレバナリ或ハ當時絶テ無クシテ僅カニ之レアルガ如キ本書ナリシヲ以テ偶ニ他ノ所藏ノモノヲ閲セシ乎又或ハ只伊藤圭介氏編著ノ泰西本草名疏(上述「ツンベルグ」氏ノ Flora Japonica 即チ日本植物志ヨリ植物ノ名稱ヲ抜粋シテ羅列セシ書)ニ據リシモノ乎予ハ今之ヲ詳ニスルコト能ハズ

と記した.慾斎が参考にした書物は,ラテン語とオランダ語で書かれているので,当時の蘭学者必須のオランダ語は勿論,ラテン語も読みこなし,夫々の内容を相互に関連付けていた,慾斎の努力と才能は非凡なものがある.これ等の書物は現在は Bio Heritage Library で閲覧・ダウンロードできるが,当時はさぞ高価なものであったろう.

飯沼慾斎『草木図説』第18巻の「スヾラン キサンラン ハクサンラン」の項に引用されている欧書の該当部は,次の記事にしるす.

2018年2月16日金曜日

キンラン (4) 飯沼慾斎『草木図説』,牧野富太郎校訂『増訂草木図説』「キサンラン ワウラン キンラン」

Cephalanthera falcata
2007年5月 茨城県南部
日本最初のリンネ分類による日本の植物の図鑑として知られる★飯沼慾斎『草木図説』は草類1250種,木類600種の植物学的に正確な解説と写生図から成る.草部は1852年(嘉永5)ごろに成稿され,56年(安政3)から62年(文久2)にかけて出版されたが,木部は江戸時代には出版されなかった.

慾斎が参考にした歐書は,ホッタインMartin Houttuynの博物誌を中心に,ドドネウスRembert Dodonaeus,オスカンプDieterich Leonhard Oscamp,キニホフJohann Hieronymus Kniphof,ワインマンJohann Wilhelm Weinmann,及びツンベルク Carl Peter Thunbergの植物学書 種であった.

この書の第18巻の「スズラン(カキランの旧名),キサンラン,ハクサンラン」の項には
NDL 公開デジタル画像より部分引用

スヾラン キサンラン ハクサンラン
此三種ハ同屬ニシテ,ミナ葉卵圓披針狀ニシテ莖ヲ擁シテ互生シ,縦脉著クシテ剛ク茎
高一尺餘,春夏ノ際梢上數花穂ヲナシテ開ク.子室角様,蕋体柱様,根ハ粗キ線様
ニシテ指様ナラザルヲ概標トス.ソノ各種ノ殊標ニ在テハ,スズランハ好テ山間湿
洳ノ處ニ生シ,葉本闊ウシテ末尤狭尖.茎足ニ紅暈アリ.花點頭シテ頗ル開展シテ,辧
尖リ色深黄,唇白質ニシテ紅点鮮明ナリ.キサンランハ葉差長ク花黄色上ニ向テ開
キ,辧頭尖ラズ罄口ニシテ展開ニ至ラズ.按ニ其形鈴ニ似タルコトハ此花却テスヾランヨリモ勝ル ソノ生ズル,山中ニアツテ湿洳ノ処ヲ好マズ.白サンランハ渓間樹陰ニ生シ,形スヾラント同シテ草差瘠小ニシテ花白色.

Serapias falcate(セラピアス ファルカタ).春氏
林氏 Serapias(セラピアス)羅,Niesblad(ニースブラド) 蘭 ノ屬ニ七種ヲ舉グ.就中ソノ一種 Breed(ブレード)
bladig.(ブラーヂフ)ヲ以テ鐸氏 wildt voit Nieskruid. (ウヰルド ウヰツト ニースコロイド)ト併セ,叉物印滿 Helleboging(ヘルレボリング)
Nieswortel(ニースウルテル)ノ名下ニ所舉ノ六種等ノ圖説ヲ併セ考ルニ,ソノ品キサン
ラン・スズラン,白サンラン 鐸氏ノ圖ハ全ク白サンランノ如シ 等ニ他ナラズ.ソノ種ヲ分カツヤ,葉
ノ狭闊,花ノ垂下向上,叉辧ノ狭尖,花色ノ黄白紅駁,根形ノ線様塊様ニヨレバ,
本邦所産ノ品々各々的當ノ種名アルベシ.姑期後日詳之.」
と,カキラン,キンラン,ギンランが同属三種であるとした.

さらに精密で美しいキンランの図には「キサンラン ワウラン
花五辧卵圓ニシテ不尖罄口開展セズ.蜜槽辧亦短ウシテ微ニ紅條アリ,下ニ短嘴ヲ出
ス.柱形蘭様,頭面淡黄ニシテ白色ノ長葯アリ」との記述と,「附蜜槽辧,本然圖,蘂柱,廓大圖」と拡大部分圖の説明がされている.

慾斎は「キンランの花が完全には開かない-罄口開展セズ-事から,スズランの名としては,カキランよりもキンランの方が相応しい」としているが,実際には,冒頭の写真や,三浦梅園の図のように,完全に開いている花を付けている個体も多い.時期なのか,生育条件なのか,個体差なのかは興味深い.

後年の★牧野富太郎校訂『増訂草木図説』(1907-22)成美堂 では,「キサンラン ワウラン キンラン」と「キンラン」を追加したうえで,その学名として,Cephalanthera falcata Lindl. を採用したが,その学名の出典は現時点では見出せなかったが,Epipactis falcata (Thunb.) Lindl.の学名は,リンドレーの著書 "The Genera and Species of Orchidaceous Plants" 412 (1840) に記載されている.

慾斎が参考にした欧書の著者とその漢字略名,書名および,上記カキランの項に引用された文献の該当部については,次記事に記す.

2018年2月6日火曜日

キンラン (3) 学名 Cephalanthera falcate 属名・学名 原記載文献,リシャール,ブルーム,シーボルト,C. japonica ペリー,グレイ

Cephalanthera falcate
2004年5月 茨城県南部
ツンベルクは江戸参府の途上,箱根山で採取したキンランに, Serapias falcate の学名を与えたが,現在標準的な学名は,1858 年にブルームC. L. Ritter von Blume, 1796 - 1862)が与えた Cephalanthera falcate とされる.種小名はツンベルクの命名のままだが,属は Serapias から Cephalanthera に転属した.この属はフランスの植物学者リシャール (L. C. Richard, 1754 - 1821) 1817年に “De Orchid. Eur.” に発表した属で,日本名はキンラン属とされている.

キンランのシノニムは確認できただけでも 11 あり,江戸末期に開国を迫るために来訪したペリー艦隊が下田で採取した標本に基づき A.  グレイが名付けた C. japonica もある.
1
Serapias falcata Thunb.
1784
Syst. Veg. ed. 14 816 1784.
2
Cymbidium falcatum (Thunb.) Sw.
1799
J. Bot. (Schrader) 2: 226 1799.
3
Epipactis falcata (Thunb.) Sw.
1805
Neues J. Bot. 1: 66 1805.
4
Pelexia falcata (Thunb.) Spreng.
1826
Syst. Veg. 3: 704 1826.
5
Pelexia japonica Spreng.
1826
Syst. Veg. 3: 704 1826.
6
Cephalanthera platycheila Rchb.f.
1845
Bot. Zeitung (Berlin) 3: 335 1845.
7
Cephalanthera japonica A.Gray
1857
Narr. Exped. China Japan 2: 319 1857.
8
Limodorum falcatum (Thunb.) Kuntze [Illegitimate]
1891
Revis. Gen. Pl. 2: 671 1891.
9
Cephalanthera raymondiae Schltr.
1922
Repert. Spec. Nov. Regni Veg. Beih. 12: 342 1922.
10
Cephalanthera bijiangensis S.C.Chen
1987
Acta Phytotax. Sin. 25: 472 1987
11
Cephalanthera falcata var. flava X.H.Jin & S.C.Chen
2009
Native Orchids Gaoligongshan Mountain 140 2009.

ラン科キンラン属(Orchidaceae Cephalanthera Rich.)は,10年近く南米仏領ギアナで,植物学の研究をした,リシャール (Louis Claude Marie Richard, 1754 - 1821) が,帰国後パリで出版した “De Orchideis Europaeis annotationes, praesertim ad genera dilucidanda spectantes.” 29. (1817) という欧州産のラン科の研究書に発表した新しいラン科の属である.この書には

  “16. CEPHALANTHERA.
  Ovar. sessile ; non contortum.
  Cal. erecto connivens.
  Lab. inerme; amplexans; interruptum : Hypochilium dorso gibbum ;     Epichilium apice reeurvum.
  Cynost. longum ; rectum.
  Cyniz. transverso-oblongus, prominens.
  Rost. nullura.
  Anth. marginalis; elllptico-subrotunda ; ima tantum parte dorso Gynizi incumbens, caelero aperle eum superans: loculi connectivo ipsis crassiori antice adnati.
  Poll. Massae lineares; demiim dorso Gynizi per imam partem adhaerescenles? granula simplicia.”
とあり,それまでCarl Ludwig Willdenow, (1765-1812, Willd)   Epipactis (カキラン)属に入れていた三種のランをこの属に入れた.

    16. CEPHALANTHERA.
  1. Cephalanthera pallens.
    Epipactis pallens. Willd 85.
  2. C. ensifolia.
    Epipactis ensifolia. Willd. 85.
  3. C. rubra.
    Epipaclis rubra. Willd. 86.

左よりCephalanthera pallens Rich. (Cephalanthera longifolia (L.) Fritsch)
  Dietrich, A.G., Flora regni borussici, vol. 1: t. 18 (1832-1833) [A.G. Dietrich]
Cephalanthera ensifolia Rich. (Cephalanthera longifolia (L.) Fritsch)
  English botany, or coloured figures of British plants, ed. 3 [B] [J.E. Sowerby et al], vol. 9: t. 1484 (1869)
Cephalanthera rubra (L.) Rich.
  Thomé, O.W., Flora von Deutschland Österreich und der Schweiz, Tafeln, vol. 1: t. 155 (1885)

現在の標準的な学名は,ブルームCarl Ludwig Ritter von Blume, 1796 - 1862)が 1858 年につけた Cephalanthera falcate であり.種小名はツンベルクの命名のままだが,属は Serapias から Cephalanthera に転属した.

ブルームはドイツに生まれ,オランダ東インド会社で働いた植物学者で,シーボルトの日本滞在中,インドネシアのバタヴィア(ジャカルタ)に博物学者として派遣され,1823年から1826年の間はボゴールの植物園の栽培副部長を務め,シーボルトが日本から送った植物資料を受け取り,オランダへ送る仲介役をすると共に,インドネシアの植物の採集,記載,分類を行ったことで知られる.オランダに戻る時には,3,000種の植物標本を持ち帰った.帰国後,ナイトの称号を受けた.また,ライデン大学の自然史の教授に任じられ,王立植物標本館(Rijksherbarium)の館長を務めた.
シーボルトが帰国後も互いに協力し合い,シーボルトが持ち帰った日本の植物を,1842年にライデン郊外のライデルドルプ村(現在のライデン市のデ・コーイ地区)に土地を購入して,彼が〝気候馴化園〞と呼んだ植物園に植えてオランダの気候に馴らした上,日本と中国産の植物を輸入栽培して販売する,園芸の奨励を目的とした『王立園芸奨励協会 "Koninklijke Nederlandsche Maatschappij tot aanmoediging van den Tuinbouw"』を設立した時には,シーボルトとともに協会の会長に就任した.

また学術の面でも,シーボルトが収集した資料を基に,シーボルトが用途のみで類似種から区別する分類学上の特徴(記載文または判別文)を記していなかった新種植物にその特徴を記して,学名を固定した.

ブルームが出版した “der Collection of the most remarkable orchids of the Indian archipelago and Japan” (1858) 左図(『インド列島と日本の最も注目すべきランのコレクション』仮訳)には,多くの日本産のランが美しい絵と共に収載されているが, Introduction には,"J'ai profité des communications de M. De Siebold pour comparer de même les 'Orchidées du Japon' avec celles de l'Archipel Indien. La tâche était difficile; mais j'eus encore ici la bonne fortune de pouvoir m'aider de dessins originaux dus au pinceau de botanistes japonais aussi instruits qu'habiles en leur art, que M. de Siebold voulut bien mettre à ma disposition" とあり,「日本産のランをインド列島のそれと比較検討する事には多くの困難が伴ったが,私にはシーボルト博士の資料を利用できるというアドバンテージがあった.幸運にも,シーボルト博士は,彼が技術的に指導した日本の植物学者が筆で描いたオリジナルな植物画を自由に使わせてくださった.」(私訳)とある.この「日本からシーボルトが持ってきた植物画」は確定できなかったが,川原慶賀らが描いたものであろう.

この書の p187-188 には,
1.    CEPHALANTHERA FALCATA
C. bacteis minimis squamaeformibus; epichilio lato-ovato lineis quinis v.
septenis elevates cristato; ovario glabro. – Epepactis falcata SWARTZ Act. Holm.
(1800) 232. LINDL.Gen.et Sp. Orch. 412. 7 (dubitanter Generi Cephalantherae
annexa). –Serapias falcata THUNB. Fl. Jap. 28, EJUSD.Icon. Jap. tab. 5. – No-
men japonicum キサンラン. Ki san ran, h. e. Orchis sylvestris lutea; キラン.
Ki ran, h. e. Orchis lutea

と「キサンラン,キラン」と片仮名を用いた日本名とその意味(黄色い山の蘭,黄色い蘭)も使ってキンランが記されており,全体像を示す彩色画と共に,精密な解剖図も添えられている.参考にしたと思われる日本の画家が描いた図が特定できないが,花被の解剖図や特に全体像の根の部分を見ると,この書の図を担当した,当時有名であった植物画家ウェンデル(Abraham Jacobus Wendel , Leiden, 1826 - 1915) が,腊葉か栽培品を元に描いた可能性が高いと思われる.

江戸時代末期に開国を要求して来日したペリー提督 (マシュー・カルブレイス,Matthew Calbraith Perry, 1794 1858)は,開港させた下田や函館の近郊で,部下に精力的に動植物の採集を行わせ,帰国後専門家にその同定を行わせ,その成果を Narrative of the expedition of an American squadron to the China seas and Japan  (Narr. Exped. China Japan)  (1857)”の第二巻にまとめた.
植物に関しての検討は,ハーバード大学のエーサ・グレイ教授Asa Gray )が担当した(Vol. 2, ACCOUNT OF BOTANICAL SPECIMENSLIST OF DRIED PLANTS COLLECTED IN JAPAN”).
その中で,キンランに関して
CEPHALANTHERA JAPONICA (n. sp.): foliis inferioribus oblongis, ceteris oblongo-lanceolatis
acutts ; bracteis minimis ; floribus 2-4 luteis ; sepalis petalisque obtusis ; labelli hypochilio basi
profunde saccato (fere calcarato,) epichilio latissimo subcordato-rhomboideo apice subacuto
glabro intus lamellis 5-7 acutissimis (3 centralibus majoribus) eximie percurso.—Serapias
falcata, Thunb. Fl. Jap., p. 28?  Dry woods, Simoda. Plant about a foot high, with nearly
the foliage of C. rubra ; the flowers smaller than those of C. pallens ; well distinguished from
all the described species by the deep and spur-like sac at the base of the labellum, and the remarkably
salient lamellae of the broadly dilated epichilium. It appears to be most allied to C. acuminata,
Lindl., (which I have not seen,) but the leaves are hardly acuminate; the epichilium not
bearded in any part, much broader than long, and its lamellae very conspicuous. It is likely
enough to be Thunberg's Serapias falcata, the upper leaves being commonly conduplicate in the
dried specimens, and then somewhat falcate ; but there is not sufficient evidence of it to warrant
the adoption of that specific name. I have not been able to consult the figure in Thunberg's
Icones Pl. Jap. (赤字:筆者)

と,下田の疎林で採取された事.ツンベルクの命名した Serapias falcata に似ていて,他の欧州産キンラン属の植物とは違う事.グレイは,ツンベルクの「日本植物図譜」を参考にできなかった事が記されている.